もう悩まない。債務整理しよう。

第一に、自己破産を申請するまでは負債者当人に対して電話での借金回収と、債務のあるその人の住居への訪問による回収は違法行為ではないということなのです。

それから、自己破産申請の事務手続きに進んでから申請までに長い時間が費やされてしまった場合には債権保持人は強硬な徴集をやってくる割合が増加します。

債権人サイドにとっては債権の返済もされずに、かつ破産などの対応もされないといった状況であるとグループ内で対応をすることができないからです。

そして、債権保有者の一部は法律家に助力を求めていないと知ると、けっこう厳しい締め上げ行為に出る債権人も存在しています。

司法書士の方および弁護士の方に依頼したときには、個々の債権保持人は当人に対しての直接回収を続けることができなくなるのです。

相談を受けた司法書士事務所または弁護士法人は仕事を受けた旨の通達を各権利者に送り、各債権者がその通知を受領したのなら被害者は取り立て屋からの過激な取り立てから解放されるということになります。

なお、仕事場や父母宅へ訪問しての徴集は貸金業法のルールで許されていません。

事業として登録が確認できる企業であれば勤務先や故郷へ訪問する取り立てが貸金業法規制法に違反しているのを理解しているので、言ってしまえばそういう類の返済要求を維持することはないと言っていいでしょう。

破産に関する申請の後は申立人に向かった集金を入れて全種類の返済請求行為は禁止になります。

よって取立人からの返済要求が完全に消滅することになります。

とはいえ、まれにそのことを知っていてやってくる取り立て企業もゼロであるとは断定できません。

金貸しとして登録が確認できる会社ならば、破産に関しての申し立ての後の徴集行為が貸金業法のガイドに抵触しているのを知っているので、伝えてしまえば、そういう返済請求を維持することはないと考えます。

けれど、ブラック金融と呼ばれる取り立て業者においてはこの限りにはならず違法な返済要求が理由の被害事件が減少しないのが現実です。

闇金融が取り立て業者の中にいる際にはどんなときであれ弁護士事務所や司法書士グループなどの専門家に依頼するようにするといいです。
借金 助けて